ドイツ発祥のニベア!ベルリン・ハンブルグにあるニベアハウスには限定品も!

ニベアハウス 海外生活

今回はベルリンに所要があり、ニベア直営店《ニベアハウス》を訪れてみました。

因みに、ベルリンのニベアハウスの周辺にはアンペルマンショップと、ドイツで有名なチョコレート、リッタースポーツの直営店もあるので、同時に回られるのがオススメですよ!

入り口ではベルリン名物のベアー(熊)のニベアバージョンがお出迎え!

中に入ってみると、どこもかしこもニベア!ニベア!とニベア三昧!

ニベア商品のセット売りなども沢山販売されています。

直営店のみのオリジナルギフト

オリジナルニベア缶がつくれる!

こちらでは、自分のオリジナルニベア缶が4.9€で作成できます。男性用のニベアmanでも可能なので、男性用のお土産にも良いですね。

仕上がりは10分程度なので、店内で買い物中に完成してしまうので助かります。世界で1つのオリジナルニベア缶を作ってみてはいかがでしょうか。

ニベアハウス限定商品

こちらは、星座バージョン。1個2.7€(350円)

可愛いですね~!思わず私も自分の星座を買ってしまいました。

こちらはビンテージデザインのもの。持っているだけでオシャレ感が漂いますね~。

因みに、こちらは1個3.9€(500円)ですが。3個購入すると10€(1300円)。

ニベアハウスinベルリン限定

こちらは、ベルリン限定バージョン。

ベルリンの有名観光地ブランデンブルク門が印刷されています。

ニベアのオススメ商品はQ10 powerシリーズ

ところで、海外に来るとニベア商品のラインナップの多さにビックリさせられます。様々な商品がリリースされている中でオススメなのが、こちらのQ10シリーズ。

肌細胞を活性化するクレアチンという成分や、しわ解消効果も見込める商品として有名で、キャサリン妃が愛用している事でも話題になりました。

[say name=”マール(愛犬)” img=”https://noritamante.com/wp-content/uploads/2019/03/QycpxSqJ_400x400.jpg”]オススメのQ10シリーズをまとめたので下記も参考にしてみてね! [/say]

[kanren id=”1335″]

ニベア雑貨も多数

他にも、タオルやマグカップ、メモ帳など、日本ではなかなかお目にかかれないニベアの雑貨類も。

ニベアのビーチサンダル!

訪れたのが5月だったので、夏使用のグッツが多かったです。

他にも、可愛いぬいぐるみ。

ポストカードなども販売されていました。

ニベア缶の歴史

また、お店の一角には過去のニベア缶のデザインが展示されていました。

初代ニベア缶は、なんと1911年!

1914年が第一次世界大戦の時ですよ!

そんなに歴史があるとは知らずびっくりです。

因みに、日本で発売が開始されたのは1968年と50年近くの歴史があります。アジアで初めて発売された国です。

この辺りになってくると、現在のニベア缶のデザインに近づいてきますね。

個人的には初代と2代目のデザインが可愛くてお気に入りです!

因みに、ニベアとはラテン語で『白い雪』という意味のようです。

その為、青(空)に白(雪)をイメージしたパッケージなのかな?

1920年、1940年代は3回とコロコロパッケージが変わっていたのに、対してここ30年はパッケージが変わっていないというのがビックリ!

現在では世界200か国で約4億3千万人の人に愛されている、ロングセラー商品となりました。

日本のニベアとドイツのニベアは成分が異なる

実は薬事法の違いにより、日本とドイツのニベアは成分が異なるのです!

詳細は@cosumeブログを参照。ドイツ在住の看護師さんがかなり詳細に成分を記載されています。

ドイツのニベアには『パンテノール』と呼ばれる再生成分が配合されており、美の大国として知られるお隣韓国でも有名なようです。

また、病院でも傷治癒目的で処方されるモノのようです。

ニベアハウスの場所と営業時間

ニベアハウスはドイツの首都ベルリンと、第二の巨大都市&ニベア誕生の地、ハンブルグと、合計2店舗あります。

ベルリンのニベアハウス

詳細

・住所
Unter den Linden 28, 10117 Berlin
・営業時間
月~土曜 10~20時
※日曜は祝日

ハンブルグのニベアハウス

詳細

・住所
Jungfernstieg 51, 20354 Hamburg
・営業時間
月~土曜 10~20時
※日曜は祝日

因みに、商品を買ったらオマケで10gの超ミニニベア缶を頂きました。(他にも10€買ったらエコバックが貰えたなど、タイミングによって様々なオマケが貰えるようです!)

是非、ベルリン・ハンブルグを訪れた際は足を運んでみて下さいね。

コメント