ドイツのダンキンドーナッツでは日本と同じアイスコーヒーが飲める!

海外 アイスコーヒー 注文 海外生活

暑い夏の時期が近づいて来ると必ず飲みたくなるアイスコーヒー。

日本では近年コンビニで安価で気軽に購入できる事から私はほぼ毎日飲んでいました。

その為、ヨーロッパに来てアイスコーヒーが無い!という文化に驚き&ショック!夏になると自然とアイスコーヒー禁断症状が出る方も多いのではないでしょうか…(;´・ω・)

しかし!安心してください!

あの大手ドーナッツチェーン店、ダンキンドーナッツではアイスコーヒーが飲めちゃうのです!

[say name=”マール(愛犬)” img=”https://noritamante.com/wp-content/uploads/2019/03/QycpxSqJ_400x400.jpg”]見つけたとき涙が出そうになりました…喜! [/say]

ダンキンドーナッツとは?

旅行者の方の中には、日本には無いので馴染みの無い方もいらっしゃるかもしれません。

ダンキンドーナッツはアメリカ発祥の世界最大手のドーナッツチェーン店です。

日本でも一時期出店をしていたのですが、ミスタードーナツとの競争が激化し米軍基地を除いては撤退をしました。

ヨーロッパのダンキンドーナッツ出店国(アイスコーヒーが飲める国)

出店国一覧

・スペイン
・ドイツ
・デンマーク
・フィンランド
・スウェーデン
・オーストリア
・アイスランド
・スイス
・ポーランド
・オランダ
・ギリシャ

[say name=”マール(愛犬)” img=”https://noritamante.com/wp-content/uploads/2019/03/QycpxSqJ_400x400.jpg”]ヨーロッパの多くの国に出店しているんだね!2014年以降北欧を中心に大きな出店計画が立てられています! フランクフルト第1号店(Konstablerwache駅前)は2013年にオープンしたんだよ![/say]

ダンキンドーナッツのアイスコーヒー種類inドイツ

ドイツ コーヒー メニュー

Cold Brew/アイスコーヒー

こちらがブラックのアイスコーヒー。

甘くなくストレートなコーヒーの味を感じることができます。

Iced Dunkin‘ Original Coffee/アイスカフェラテ

こちらはアイスカフェラテ。

半分近くだったかな?ミルクが入っています。自然の優しい甘さでこちらも飲みやすいです。

Iced Latte Macchiato/アイスラテマキアート

こちらはアイスラテマキアート。こんなオシャレなものまで!

カフェラテよりもミルクが少なめです。

Iced Tea

アイスティーはレモン・ピーチ・マンゴー味がありました。

こちらは、元からガムシロップがはいっているのかな?と思ってしまう程、甘めのテイストに仕上がっています。サッパリと飲みたい方には不向きかも。

フランクフルトでアイスコーヒーが飲めるのは3ケ所

ドイツ アイスコーヒー

現在のところフランクフルトでは、中央駅内に1店舗と街中に2店舗あります。

フランクフルト中央駅店

中央駅のSバーンホームにもダンキンドーナッツがあります。

こちらは早朝5時半~23時。年中無休でオープンしています!

マイ・ツァイルの地下1階

フランクフルトのショッピング街、ツァイル通りには2店舗あります。

1店舗はこちらのマイ・ツァイルの地下1階にあります。

ツァイル通りにある2店舗の営業時間は9~21時(金・土曜は22時)までで、日曜日が定休日となります。

ツァイル通り

地図上に何故か作られていなかったので、MANGOというアパレル店の地図です。こちらの向いにあります!こちらがフランクフルトでは第一号店との事。

駅降りてすぐなのでアクセス抜群です。

ドイツでアイスコーヒーを頼むには?

ドイツ(ヨーロッパ)でアイスコーヒーを頼むと、お決まりでぬるいコーヒーの上にアイスクリームがトッピングされたものが出てきます。

そんな中でも、「Kaffee kalt mit Eiswürfeln bitte 」 (コーヒーに氷を入れて下さい)と伝えると日本のようなアイスコーヒーを提供してくれるお店もあります。

注文すると、中には「え??」と驚かれたり、対応してくれないお店もある場合もあります。

ダンキンドーナッツをきっかけに、ヨーロッパでもアイスコーヒー文化が根付いてくれるといいなぁ。

コメント