ドイツで魚が食べたい!酢漬けの鯖サンドが軽食として絶品!

ドイツ サバサンド 海外生活

ヨーロッパの中でも海に接する面積が少なすぎ…。

魚介を提供するレストランは少なく、スーパーでも最中の種類(鮮度共に)は、やり日本と比較すると劣ってしまうドイツ。

そんな魚介をお目にかかる機会が少ないドイツでも気軽に、魚介を食べられるお店がある。

魚介専門チェーン店NORDSEE(ノルトゼー)とは

街中やショッピングセンターに店舗を構えている事が多く、ドイツ在住の方なら一度は目にした事があるのではないでしょうか。

1896年にブレーメンで創業され、ドイツ国内のみならずスイス、オーストリア、中東などでも展開している魚介専門チェーン店です。

因みに、Nordは「北」 、Seeは「海・湖」 という意味で、直訳すると北の海となります。(ブレーメンが北だから?ドイツには北しか海がないからかな?)

滞在3年目にしてニシンサンドを食べてみた…!

外食時に気軽に1人で入れるお店なので、何度か立ち寄った事はあるのだが、どうしても食べる決心がつかなかったのが、こちらのニシンサンド!

見た目のグロテスクさにやられて、いつもサーモンサンドになってしまっていたのですが、先日ミュンヘンに行ったときにニシンサンドブームなのかな?と、思う程列をなすドイツ人が次から次へと購入していくので気になっていました。

実際始めて食べた味の感想は…!

う、うまい!!!!

酢漬けのニシンが入っており、パン&玉ねぎとの相性抜群!

ニシンの押し寿司西洋版みたいな?

寿司が好きな日本人の口には絶対合う一品!

なんで今まで食べてなかったんだー!!!

値段も3€前後で非常にお値打ちです。

NORDSEE(ノルトゼー)は、他にも魚やサラダ、寿司なども食べる事が出来ます。

プレートは好きな魚とジャガイモ(茹でORフライ)もしくはライスから付け合わせを選ぶ事が出来ます。こちらは10€前後。

このパリパリサラダも人気の一品!

旅先で魚不足になった時なども是非、立ち寄ってみて下さいね!

コメント