フランクフルトの治安は安全?!治安が悪い場所は?【地図付き】3年滞在している主婦の感想。

フランクフルト中央駅

旅行や出張時に気になる海外の治安。

ヨーロッパの中でも比較的治安が良いとされているドイツですが、実際に3年住んでみて思うことをまとめてみます!

私は過去アテネに訪れた際にスリに合い、非常につらい旅になりました…。防犯対策は旅を楽しむための心得でもあると思います。少し長いですがこれからフランクフルトにいらっしゃる方の参考になれば幸いです。

フランクフルトの治安ってどうなの?

近隣国のフランス、イタリアなどの観光都市と比較すると治安はかなり良いと思います。

私も実際に3年近くフランクフルトで暮らしていますが、ありがたい事に危険と感じた事は一度もありません。

しかし、ドイツ国内の犯罪件数は約576万件(2017年)で、なんと日本と比較数と6倍です。犯罪件数は約11万5千件(2016年)にのぼり、ドイツ国内でも犯罪発生率の高い都市になります。

その為、やはり街中を歩く際は最新の注意を払って行動する必要があります。

【5大!危険地帯!】治安が悪い場所

フランクフルト中央駅周辺が一番危ない!

旅行者や出張者の方は、交通の便からフランクフルト中央駅周辺のホテルを取られる方が非常に多いのですが、実は一番の危険地帯です~!

日本でいうところの歌舞伎町みたいな…。私も夜は絶対に近づきません。

周辺のモーゼル通り(青)、エルベ通り(緑)、ウェーザー通り(オレンジ)、ニッダ通り(赤)は風俗街になっており、酔っ払いは勿論の事、薬の売人、浮浪者などよく見かけます。

在フランクフルト日本国総領事館からも注意喚起されています。(参照:安全の手引き)

昼間は大丈夫なんですけどね…。

マール(愛犬)

利便性の良さから、出張者や観光にいらっしゃる方は大体この近辺のホテルを取っているケースが多いです。夜は十分に注意してくださいね。女性で一人で旅行にいらっしゃる方はあまりオススメできません…

ICEやSバーン・Uバーンなどの電車内

ICEは日本でいうところの新幹線にあたります。フランクフルト直通でお隣のフランスやベルギーにまで片道4時間程で気軽に行けてしまいます。

大きな荷物を持っていると一目で旅行客と思われ狙われやすいようです。特に日本人のパスポートは格好の餌食です。

スーツケースを置き場にしまっている、ほんのわずかな時間で、座席に置いてあった貴重品の入ったバッグが盗まれてしまう事もあります。

S・Uバーンでは、ポケットに入れていた貴重品が盗まれてしまったなど、盗難事件が発生しやすい場所です。

ホテルのロビーも要注意!

朝起きて、ゆっくりと朝食をとっている、こんな安らぎのひと時も海外では注意が必要です。

コーヒーを取りに行こうとカバンを置いて席を立ち、戻ってきたらカバンがない。

バックを椅子の背もたれにかけて置いたら、気づいたら無くなっていた。

など、日本ではありえない事が起きてしまうのが海外です。

イベント開催時のメッセ周辺

ドイツで2番目に大きい会場としても知られており、毎月大きなイベントが開催されています。きっと、お仕事でいらっしゃる方も多いはず。

イベント時期になると、メッセ周辺は多国籍溢れ人で賑わっています。

メッセ内でも注意が必要で、過去には商談ブースにてバッグを椅子の下に置いていたら盗まれたなどの事例もあります。

ニセ警察官

私服警官と装う人物に「薬物捜査の為、カバンの中を見せて欲しい」と言われた。財布も確認したいとの事で、財布を渡したら後にクレジットカードが抜かれている事に気づきキャッシングされていた。

ニセ警官は特にメッセにて大規模なイベントが開催されるタイミングで多く現れるようです。完全に旅行者・出張者狙いですね…。

ニセ警官は東欧系の白人男性が多いようで、少しでも怪しいと思ったら警察官身分証明証 (Dienstausweis)の提示を依頼するか、110番通報(英語可)しましょう。

または、在フランクフルト日本領事館(電話:069-2385730)でも相談にのってくれます。

女性一人で夜で歩いてもOK?

普段ビリヤードを行っている為、帰宅時間が24時になる事もよくあるのですが、ありがたい事に今のところ無事です…笑

しかし、女性の友達で、電車内でスリに合いそうになったり(カバンを開けられているところ運よく気づいた)、フランクフルト中央駅のエスカレーターでカバンを取られそうになったり…。

など、アジア人女性はやはり狙われやすい傾向にあるので、いかなる時でも十分な注意が必要かと思います。

フランクフルト滞在中に注意したい事

夜の電車は注意!

ドイツ 電車

フランクフルトの電車やバスなどの交通機関は、通勤ラッシュ時(朝9時前後、夜18時前後)を除けば、比較的空いています。

その為、海外で多い電車内でのトラブル(電車のドアが開くと同時にスリに会ったり)も少ないように思います。

しかし、お祭りやサッカー試合の後などは、ビール片手に酔っ払い達が乗車してきます。電車内で騒いでいる事もありますので、変に絡まれないよう注意しましょう。

夜道は注意!街灯が少ない!

日本と比較すると一番に感じるのが、「夜が暗い!」

特に田舎に行けば行くほど、街灯が少ないです。

夜道を歩く際には十分に注意しましょう。

電車内や街中は浮浪者・物乞いが多い

過去に特に気概を加えられたとか、そういった話も聞かないのですが、日本と比較すると浮浪者、物乞いが多いように思います。

電車内や、切符を買う券売機の横(何故かいる駅多い)、街中では注意しましょう。

車に乗っていても注意が必要!

フランクフルト中央駅近辺を通って自宅に帰る途中、信号が赤になり止まっていると、浮浪者?が私達の車に近寄ってきて、洗剤がついたスポンジで窓ガラスにハートマーク♡を書いて、ゴシゴシ窓を磨いてくれた事があります。

おそらく、窓を磨いてやったからお金をよこせと言いたいんでしょうが。

洗車あとだったので夫が怒ってクラクションを鳴らしたら、どこかに去っていきましたが、車どおりが多い地帯で車に乗っていて、こちらの身動きが取れない状況だと非常に怖いです…。

エジプトやインドに行ったことのある友達から聞いた話ですが、車移動は本当に危険らしいです。止まった矢先に窓ガラスを割られたり、嫌がらせをされたりと、悲しい事件が相次いでいるそうです。

防犯対策は入念に!私が行っている事!

エスカレーターで追い抜かれる側にカバンを持たない

これは友達の話を聞いてから…!

主要駅としてよく使われる、フランクフルト中央駅やコンスタブラワッフェ駅などエスカレーターが非常に長いんですよね…。

安心しきって、携帯片手にボーっと乗っている事とかよくあります…笑

なので、エスカレーターではカバンは必ず追い抜かれる側とは逆側に持つようにしています。

リュックなどでは出歩かない、目の届かないところに金品は入れない

旅行者にとってリュックは非常に楽なのですが、残念な事に自分の目の届かない範囲にチャックがあります。

万が一に備えて、ドイツではリュックは殆ど使用しません。

マール(愛犬)

比較的安全な都市だとは思いますが、十分に注意をしていらしてくださいね!素敵な旅になりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。