【5月フランクフルトイベント】グリューネゾーセ祭り(B級グルメ)

グリューネゾーセ フランクフルト 海外生活

グリューネゾーセ祭りとは

グリューネゾーセ

グリューネゾーセとは、パセリやチャービル、ボラジ…などの、7種類のハーブをヨーグルトやサワークリームと混ぜて作られたソースの名称です。

また、グリューネゾーセは別名『春の七草』とも言われており、フランクフルトで愛されている郷土料理として有名です。(一説ではゲーテも愛した料理とも言われています)

フランクフルト イベント

そんな、様々なお店のグリューネゾーセを食べられるグリューネゾーセフェスティバル(Grüene Soße festival)は2008年から始まったイベントで、アクセスのよいロスマルクト広場で、毎年5月中旬ごろに1週間程開催されます。

グリューネゾーセフェスティバル仕様にラッピングされた車。

開催時期と場所

【開催時期
5月中旬
詳細はイベントHPより

【場所】
ロスマルクト広場(Roßmarkt)

最寄り駅はWilly-Brandt-Platz駅、もしくはHauptwache駅から徒歩3分程。中央駅からも歩けます。

グリューネゾーセの味わい方

フランクフルト B級グルメ

グリューネゾーセは、イモ、シュニッツェル、ゆで卵と一緒に食べる事が多いです。お持ち帰りも可能です!

大きなフライパンで大量のイモが焼かれています。

盛り付けると色鮮やかな可愛らしい感じに…^^

お味は好き好きが分かれそうな…、健康によさそうな味がします…笑。

ただ、1年に1回なので、ついつい足を運んでしまうんですよね~。

フランクフルト名物アップルヴァイン

また、こちらもフランクフルトの名物として知られている、アップルヴァイン。日本の果実酒のような甘みはなく、酸味が強くさっぱりとした味わいです。シードルに近いです。

こちらも、お祭りでは味わうことができます!

因みに、1杯(250ml)で2€。デポジット(グラス料金)2€でした。

このデポジット料金は、飲み終わった後にグラスを購入したお店に返しに行くと2€返してくれるシステムです。

記念にグラスを持ち帰ってもOKです!

グリューネゾーセが苦手な人も大丈夫!

ちょっと、薬草系のお味が苦手な方も大丈夫!

グリューネゾーセ以外にも、ソーセージやサモサ、クレープ、アイスなど様々お店が出店しています。

こちらは、炭火焼きサーモンを豪快にのっけたサーモンサンド!

出来上がりをそのまま頂けるので美味しかったです。

こちらの肉料理も人気で、ソーセージや豚、牛など、様々なお肉が焼かれていました。

平日昼・夕方は混み気味

フランクフルトなので、そこまで…なのですが…笑。

オフィス街も近いエリアなので、平日昼間・夕方は昼食や夕飯がてら来る人が多いので、席もいっぱいになります。

平日はそれ以外の時間は、設置されているベンチにゆっくりと座る事が出来ますよ。

お土産コーナーもあるので、旅の記念にグッツを購入する事もできます。

フランクフルトは5月から一気にイベントが増えます。来週はニッポンコネクション、Freßgass-Festもあるので楽しみです!

[say name=”マール(愛犬)” img=”https://noritamante.com/wp-content/uploads/2019/03/QycpxSqJ_400x400.jpg”]フランクフルトのイベント一覧です!良ければ下記もご参照くださいね! [/say]

[kanren id=”809″]

コメント