【犬専用公園inフランクフルト】ノーリードOK!愛犬を思いっきり遊ばせよう!

フランクフルト 犬 公園

ドイツで愛犬と楽しく日々を過ごしている皆さん。たまには愛犬が外で思いっきり走り回っている姿を見たくなりませんか?

今回は、私が実際に訪れてみた犬専用公園をご紹介させて頂きます!

ドイツ在住の日本人のワンコ友達が少ないので(現在2人)、増えるといいなぁ…という願いも込めて(*’ω’*)

柵があるので安心!フランクフルト市内の犬専用公園

我が家が一番お世話になっている公園です。

フランクフルト中央駅から北に車で10分程行ったところに、グリューネブルク・パーク(Grüneburgpark)という巨大な公園があります。

その一角に、フンデ=フライラウフゲヘーゲ・アム・グリューネブルク・パーク(Hunde-Freilaufgehege am Grüneburgpark)という、犬専用の公園があります。

我が家の愛犬(マァル)は、人が好きすぎてノーリードでお散歩している際に、人を見つけると一目散にかけて行ってしまうので、近所の人っ気が多い公園ではノーリードで遊ばせられないのが悩みの種でした。(その前にしつけをちゃんとヤレ!!ですが…(;´・ω・)汗)

どこか思いっきり遊ばせてやれるところがないか日々、暗中模索していてたどり着いた公園がこちら!

公園には、外に出ていかないように柵があるので安心して遊ばす事ができます。広さは、そこそこありますが、飼い主の目の届く範囲の広さです。

週末はどの時間帯に行っても大抵、2・3匹ワンコがいるので我が家の愛犬(マァル)も、いつも一緒に遊んでもらっています。ただ、遅い時間(日が落ちた後)は、人っ気も少なめですので、早めの時間帯に行かれるのをお勧めします。

他にも、水を汲める場所や、ウォーターボールも設置されているので、愛犬が遊びすぎて喉が渇いても安心です。手ぶらで遊びに行けるのも利点でしょうか。

公園内に犬用公園が設置されています。ニューフェイスが近くを通ると、ワンコたちが寄ってきます。

糞の始末はしましょうね。などの注意書きが書かれています。

おすすめ理由
  • ノーリードOK
  • 柵があるので、安心して遊ばせられる
  • 暗くなる前だと大抵ワンコがいる
  • 水飲み場所(水を汲める)が設置されている

場所

住所:August-Siebert-Straße 22, 60323 Frankfurt am Main

我が家はいつも車で行っているのですが、アウグスト=ジーベルト通り(August-Siebert-Straße)に駐車していります。時間帯にもよると思いますが、だいたい駐車できます。公園近くまで車で行けるので便利ですよ!

電車で行く場合はFrankfurt Flugh (DE)が最寄りになります。徒歩5分程です。

ノーリードで思いっきり遊ばせられる公園

こちらはお友達に教えてもらった公園です。いつ行ってもたくさーん、ワンコがいます!

フンダウスラウフレヘ, フライラウフ・イム・ニッダ・パー(Hundeauslauffläche, Freilauf Im Niddapark) と言って、フォルクスパーク・ニダタール(Volkspark Niddatal)内にある犬専用公園です。

先ほどご紹介した、グリューネブルク・パークと比較するととんでもなく広く、端から端まで歩くと20分程かかる広さです。特に柵などでは囲われてはいません。

非常に広い公園なので、大型犬がのびのびと遊んでいる光景が多いように思います。大自然に囲まれお散歩を楽しみたい時にうってつけです。

場所

Hausen・Niddapark駅から徒歩10分ほどです。

まだまだ、訪れた事のない公園がたくさんあるので、行ってみたら追加でアップしていこうと思います!おすすめもありましたら是非、教えてくださいね!

また、その他にも犬関連の記事をまとめていますので、ご参考になれば幸いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。