【お土産】ドイツ駐在妻おすすめ!贅沢気分を味わえるトリュフ食品《8選》

ドイツ お土産 トリュフ 海外生活
スポンサーリンク

キャビア、フォアグラに続き世界三大珍味の一つとして知られているトリュフ。日本では高級食材のイメージで縁遠く感じていましたが、ドイツに来てから一変。トリュフを頻繁に街のスーパーで目し食べるようになりました。やはり、トリュフの発祥地イタリアが近いからでしょうか。

今回は、街中のスーパーで気軽に買えるトリュフ食品をまとめてみました。

スポンサーリンク

トリュフバター

ドイツ お土産

お値段は5€程。

バターにトリュフの香りがしっかりとついて、パンとの相性抜群!

毎日でも食べたい上品なおいしさで個人的にトリュフ食品で一番オススメです!

あまりのおいしさに、家族にも食べて欲しく前回の冬の帰国時に実家へのお土産として持ち帰りました。

トリュフオイル&トリュフ塩

トリュフ オイル 塩

トリュフオイル、塩共に5€程。オイルはリゾットと一緒に炊き込んだり、パスタや野菜と相性抜群です!塩は野菜炒めやパスタなどの香りづけで使っています。

ほのかに香るトリュフの香りにより、いつもと同じ料理でも一口一口に幸せが漂います。

こちらも日本で購入するよりは半額近くで買え、お土産でも喜ばれます。

トリュフポップコーン

私はまだ食べた事がないのですが、お酒のおつまみに絶品そうなテイスティング。

ドイツらしくプレッツェルも入っていて可愛らしいですね!

トリュフモッツアレラチーズ

トリュフ チーズ

こちらは、近所のママさん達と自宅でランチ会をした時にお土産で頂いたもの。

モッツアレラチーズにトリュフが練りこまれていて、これだけで本当においしいです!

金額は5€程とやや割高ですが人気メーカーで百貨店などの地下に入っている高級スーパーにありました。

トリュフチョコレート

トリュフがチョコレートに!くちどけまろやかで贅沢な風味が口の中に広がります。変なクセがなく食べやすいですよ。

ちなみに、世界のチョコレート消費ランキング第一位はドイツ。日本でも受賞歴があるドイツの洋菓子の老舗ハイネマンから「シャンパントリュフ」は有名です。

トリュフポテトチップス

トリュフのポテトチップスも時折見かけます。こちらも無限に食べれてしまうおいしさ!街中のスーパーやイタリア系スーパーでよく見かけます。

↓これ個人的にオススメ
↓岩塩で有名なイビザのポテトチップス。これも◎!

トリュフリゾット

トリュフリゾット

ドイツ発祥で日本でもおなじみのクノールからトリュフ味のリゾットも販売されています。値段は2€程で街中のどのスーパーでも目にする事が出来ます。

商品に入っているお米に水を加えて約15分程煮込むだけで簡単にリゾットが作れてしまう優れもの。他にもトマト系やクリーム系のモノも発売されており我が家でも重宝しています。

本場イタリアではトリュフ祭りが開催

トリュフ祭 イタリア

10~11月までイタリアのアルバでは週末に国際白トリュフ祭りが開催されています。

他にも2月は黒トリュフ祭り、8月にはサマートリュフ祭りが開催されています。

日程などの詳細はLINEトラベルにも実際の体験記があります。

一度、贅沢にトリュフ三昧と行きたいですね!

コメント