駐在妻が愛用しているヨーロッパ在住者におすすめのアフィリエイト(ASP一覧)

ヨーロッパ ASP ブログ運営
スポンサーリンク

今回はヨーロッパ在住者が登録したい海外ASPをご紹介します。実際に20件近く登録しているのですが、そのなかでも利用しているものをピックアップしています。

海外在住者が登録できる日本のASPはこちらにまとめています。

スポンサーリンク

AWIN

AWINはドイツ発のASP会社で、ーロッパのブロガー・アフィリエイター達の間では有名な1社。日本でいうとA8のような存在。

11か国で展開されており、13,000以上の広告が出向しています。金融、日用品、旅行…などの分野が多いです。

ダッシュボードも見やすくて重宝しています。

ヨーロッパ最大級のASP
メリット

・月に2回支払日あり(最低$20)
・CV率やクリック単価などが数値化されておりレポート周りが整備されている

デメリット

・登録時に5ドル必要(アフィリエイト金額が溜まったら返ってくる)
・承認されない場合は5ドルは未返却

Shareasale

こちらもヨーロッパでは有名なASP会社。

掲載件数は4,000件と、AWINと比較すると少ないですが、その内1,000件は独占広告。

しかしながら、現在は英語で制作されたサイトのみが申請の対象となっています。(※その為、このサイトはNGでした…)

レポート周りも整備されており、クリック単価、平均販売額なども見る事が出来ます。

デメリット

・支払いは50ドルから(支払いは毎月20日)

MaxBounty

2004年にカナダで設立されたASP会社。案件は1500件程で、不動産、金融、ゲーム、出会い系、ダイエットなど幅広いジャンルを取り扱っています。

登録後、電話での確認(名前や地域など簡単なもの)があります。

Tradedoubler

1999年にスウェーデンで設立されたASP会社。取り扱い案件は18万件と非常に多い。

世界10ヵ所(主にヨーロッパが多い)に拠点を設けており、大手企業との取引も多い。ヨーロッパ在住のブロガーにおすすめ。

IKEA、パリディズニーランド、ルフトハンザ航空、オーストリア航空、シンガポール空港、ロクシタン、プーマなどがります。

日本語ブログは、やや通りにくい印象…。

CJ Affiliate by Conversant

アメリカ・カリフォルニアの大手ASP会社。世界トップクラスとも歌われる有名な企業です。ヨーロッパ案件も豊富に取り揃えているのと、案件ごとに何処の国で発生しているのか円グラフ(※図の右)でまとめられているので、ターゲットとしている国にマッチしたアフェリエイトプログラムを選択することができます。

他にも、日本の大手ASP会社の1つACCESSTRADE(アクセストレード)を運営している、インタースペース社とも業務提携を結んでいます。

コメント