【※今でも購入可能】ドイツ万年筆「LAMY(ラミー)」年代別まとめ

ドイツ情報
スポンサーリンク

万年筆を手に取るなら、まずは「LAMY」からいかがでしょうか。

見た目のスタイリッシュさと、手が届きやすい手頃な値段から、日本でも愛用者が多い万年筆です。

今回は、LAMYが年代別に出している限定カラーをご紹介します。

スポンサーリンク

2009年/ピンク

2009年はピンク。ちょっと濃いめのピンクで女性が持ちたくなる万年筆。

2012年/アップルグリーン

2012年はアップルグリーン。明るめのグリーンで男女ともに利用できる遊び心溢れるカラー。

2013年/ネオン

2013年はネオン。明るい色合いが続きます。

2015年/ネオンライム

2015年はネオンライム。こちらも明るいカラーですが若手が手に取りやすいカラーですね。

2017年/ぺトロール

2017年はペトロール。濃いめの色合いで男性で年配の方でが持っていてもオシャレに感じる色合いです。

2018年/オールブラック

2018年はオールブラック。名前がカッコイイですね…笑。通常の黒よりもマット感があります。

2019年/パステル(3色)

2019年はパステルカラーで3色、パウダーローズ、ミントグリーン、ブルーマカロンが発売となりました。色合いもさることながら、ネーミングもキュートですね。

2020年/サファリキャンディ(3色)

2020年はサファリキャンディで3色、マンゴー、アクアマリン、ヴァイオレットが発売となりました。はっきりとした濃いめのカラーが目を引きますね。

まぁる
まぁる

他の年次は残念ながら完売していました…泣

コメント